• 日本語
    あなたの言語を選択してください

遠隔海流画像化システム(ROCIS)

ROCIS(遠隔海流画像化システム)は、表層海流を測定するためにフグロとAreté Associatesが開発した航空調査用観測装置です。 この表層流測定ツールは、広い調査区域における表層流総観データをほぼリアルタイムで取得・表示すると共に、興味を引く小スケールの海流の特徴を調べる機能を備えています。 これらのデータは、衛星データ、数値モデルや原位置測定のデータと組み合わせて使用でき、表層流・海流の特徴の理解とを容易にし、調査作業計画を向上させたりできます。    ROCIS 表層流・海流データは、表層流・海流の予測モデルの校正と検証も支援できます。

ROCISは、革新的な表層流測定技術を使っており、沿岸域・海域の海洋表層流現象の理解を大きく向上させます。 同システムは、高解像度の航空撮影を通して、表層波を映し出し、表層波の連続画像のドップラーシフトから表層流データを読み出します。海流データは、高度3,000~10,000フィート(900~3,000m)から取得できます。データ取得システム - 8.1メガピクセルのパンクロマチック・デジタルカメラ2台と慣性航法装置1台で構成 - 写真測量用の19インチの穴を備えたあらゆる調査用航空機に設置可能。

既存の測定技術を上回るROCISの主な利点には、調査距離当たりの大幅なコスト削減に加えて、毎日の撮影範囲の拡大、データ取得期間の短縮、素早い動員性能(設置性能)、更に向上した測定解像度が含まれます。

同システムは、海洋表層流を測定し、しばしば海流が最も激しくなる水深5メートルまでの水柱の特性評価を行います。 これと対照的なのは船舶ベースの技術であり、水深約6~7メートルまでの表層流データだけを伝えることができます。更にROCISは、広範囲の表層流の総観的測定を行い(1日当たり1,000kmの追跡)、それは従来の船舶からの測定の5倍を超える能力となります。

データ成果物は以下を含みます:

  • 測定された表層流のクイックルックマップ
  • ASCII .csv形式で提供されるリアルタイムの測定データ
  • フグロの海洋気象GISポータル「METIS」における視覚化データ
  • 解像度250m×250mにおける処理後データ
  • 海況予測とアドバイスの統合情報

海洋表層流の正確かつ時宜を得た測定は、海上・沿岸双方の環境における、さまざまな海洋活動に影響を与えうるものとなります。

石油・ガス

石油およびガス関連サービスでは、海流に対する正確かつ時宜を得た観察に基づいて、以下を含む、海上の探査・開発・生産活動の計画と実行の支援を行います:

  • 地震探査
  • 深海掘削作業
  • 海流に配慮した建設事業の支援
  • 油流出の対策と緩和
  • 捜索および救難

海況予測とアドバイス

広域表層流の総観データは、海洋状態の特性化、および予測モデルの初期化と有効化にとって価値あるものとなりえます。

油流出対策

ROCISは油流出への対策作業を支援し、そこでは詳しい広域情報を、対策作業の計画と調整、および油流出モデルの有効化に役立てることができます。 

捜索および救難

捜索および救難作業では、海上での漂流パターンに関する海流のマッピングおよび情報を通して、緊急対応者を支援します。

ROCISは、実用海洋学、地理空間、および航空測量に関するフグロの技術を、画像処理とリモートセンシングにおけるAreté Associatesの高度技術と融合させ、ほぼリアルタイムの総観ベースで、広大な海域に渡る高解像度の表層流マッピングを提供します。

主な利点は以下のものとなります:

  • ほぼリアルタイムで得られる表層流データ
  • 渦巻きのような大規模な海域での循環現象をカバーする広範囲の収録範囲
  • 特定の場所や小スケールの現象の高解像度データ
  • 作業の休止時間(待機時間)削減の支援
  • 作業の効率化と安全性確保
  • 船舶作業と比較したコストの効率化はジョイントベンチャーベースでの提供が可能

フグロのイノベーションに関するお問い合わせ